洋服のシワをキレイに伸ばすためのアイロンテクニック!

すばやくアイロンを済ませよう

正しい洗濯物の干し方を知る

洗濯物を干す段階から、アイロンのことを考えてください。
シワが付いているまま干すと、そのまま乾くのでアイロンを掛けなければいけない部分が増えます。
綺麗に、シワを伸ばしてから干しましょう。
するとアイロンを掛ける部分が減るので、スムーズに進みます。
特にシャツやハンカチはシワになりやすいので、丁寧に干してください。
スカートやズボンは、専用のハンガーを使うと良いですね。
普通のハンガーに干すと、ウエスト部分が伸びたり変にシワが付くことがあります。

シワを伸ばす時に、霧吹きで水を吹きかけるのも良い方法です。
乾いている状態よりも、シワを伸ばしやすくなるので効率良く進みます。
霧吹きを使う時は、少し洗濯物が湿る程度で良いので吹きかけすぎないように気をつけてください。
水が滴るほど濡らすと、乾くまでに時間が掛かるので余計な手間かかってしまいます。
また霧吹きを使うことで、洗濯物が焦げ付くことを予防できます。

衣類の生地によっては、当て布をしなければいけない場合があります。
当て布をするように注意書きされている場合は、必ず使ってください。
使わないと衣類がダメージを受けて、着られない状態になります。
衣類とアイロンの間に当て布をする人が多いでしょうが、それではアイロン掛けする部分が見えないので作業を進めにくいです。
アイロンを、当て布で包むのが良いでしょう。
するとズボンの折り目もすっかり見えるので、綺麗にアイロンを掛けられます。

↑ページの先頭へ