すばやくアイロンを済ませよう

うまくシワを伸ばす方法

洗濯物の干し方を変えよう

シワが付いている状態で洗濯物が乾くと、広い範囲をアイロン掛けしなければいけないので手間が掛かります。
シワを伸ばして干すことを意識してください。
するとこれまでのように、シワがたくさん付くことを回避できます。
少しアイロン掛けをすれば良いので、苦手な人でも大丈夫でしょう。

アイロン掛けの範囲が広くなると、次第に面倒になってしまいます。
すると雑になって、シワが伸びていないのにアイロン掛けを終了する人も見られます。
後でアイロンがけをするのが、面倒に感じている人もいるでしょう。
シワを伸ばして干せば、アイロン掛けそのものをしなくても良くなるかもしれません。
シワを伸ばしながら干すのは面倒ですが、後で楽をするためです。

ハンガーを使い分けよう

トップスを干す場合は、普通のハンガーでも良いでしょう。
ですがズボンやスカートなどもボトムスは、専用のハンガーを使うのが良い方法です。
無理に普通のハンガーを使っていると、ウエスト部分が伸びます。
変なシワもつくので、後からアイロン掛けをするのが大変になるでしょう。
ボトムス専用のハンガーを使えば、綺麗に干せるのでシワが付くことを回避できます。

特にスカートに変なシワが付くと、アイロンを掛けて綺麗に伸ばすのが大変になります。
最初から、変なシワがつかないように干した方が良いでしょう。
アイロン掛けで楽をしたいなら、洗濯物を干す段階から工夫しなければいけません。
全ての作業が、アイロン掛けに繋がっていると理解しましょう。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ