すばやくアイロンを済ませよう

霧吹きで衣類を湿らせる

霧吹きをアイロン掛けで活用する

洗濯物が乾いてから、アイロン掛けをする人がほとんどでしょう。
ですが乾いている状態では、アイロンを使ってもシワがなかなか伸びない可能性があります。
1つの洗濯物のアイロン掛けを終わらせるまでに時間が掛かるので、霧吹きを使って湿らせてください。
アイロン掛けしたい部分に、霧吹き1回か2回使うだけで湿ります。

やり過ぎると、洗濯物を再び乾かさなければいけないので手間が増えます。
霧吹きの使い方を間違えなければ、アイロン掛けが楽になるので活用してください。
触って、少し湿っていると感じる程度で十分です。
アイロンを置いてある場所の近くに、霧吹きも準備しておきましょう。
するとわざわざ遠くから霧吹きを持ってこなくて良いので、楽にアイロン掛けを開始できます。

アイロン掛けが苦手だという人

洗濯物のシワを伸ばしていると、衣類が焦げてしまうことがあると思います。
何回かそのような経験をしている人は、苦手だと感じるでしょう。
霧吹きを使うと、衣類が焦げ付くことを回避できます。
安心してアイロンがけができるので、洗濯物を少し湿らせてください。
洗濯物が完全に乾く前に取り込んで、アイロン掛けをしても良いとお思います。

すると霧吹きで湿らせるのと、同じような状態になるのでシワを伸ばしやすくなります。
こまめに洗濯物が乾いているのか、確認しに行きましょう。
少し湿っているぐらいなら、アイロン掛けをすることで、完璧に乾かすことができます。
アイロン掛けをして、再び物干し場に持って行くような手間は発生しません。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ