すばやくアイロンを済ませよう

当て布を必ず使用すること

アイロン掛けをする際の注意点

熱に弱い衣類に、直接アイロンをくっつけると焦げるなどのトラブルが起こります。
もう着用できなくなるので、必ず当て布を用意してください。
衣類の種類によって、当て布も変わります。
トップスやボトムスをアイロン掛けするたびに、当て布を交換するのは面倒だと思います。
そこでおすすめなのは、どんな衣類にも対応している当て布です。

交換しなくて良いので、楽にアイロン掛けが進むでしょう。
当て布を敷くことを面倒に感じて、これまで使っていなかった人が見られます。
しかしお気に入りの服がダメージを受けて、着られなくなったらショックですよね。
衣類を守るために、当て布を使ってアイロン掛けをしてください。
当て布があった方が、綺麗にシワを伸ばせます。

アイロンを当て布で包もう

ズボンには、最初から折り目が付いています。
そこを目印にシワを伸ばせば良いですが、当て布を敷いていると、折り目が見えなくなってしまいます。
見えなくても、勘で伸ばすことは絶対にしないでください。
勘が外れた時に、変なシワが刻まれてしまいます。
当て布でアイロンを包むことで、折り目が見えるので正しくシワを伸ばせるでしょう。

固い生地が使われている衣類は丈夫に見えるので、当て布を使わなくても良いと思っている人が見られます。
ですが実は熱に弱いかもしれないので、勝手に判断しないでください。
衣類には必ず、生地の成分が記載されています。
そこに洗濯の仕方や、アイロン掛けの注意点が書かれているのでチェックしてください。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ